4月17日(木)シンガポール、マレーシア クアラルンプール

朝早めの出発4時間前に空港へ向かった。空港内を見学。広い。手荷物のセキュリティーチェックは各ゲートで行う。これは初めて。けれど一番安全な方法だろう。
マレーシアまでは飛行時間は40分ほど。ジュースが配られるだけ。非常に近い。週末にシンガポールからマレーシアに手軽に遊びにいける。クアラルンプールの空港は非常に大きい。搭乗口から入国審査まで移動するために空港内のモノレールで移動する。市内へは鉄道で移動する。フロアをエレベータで降下するだけですぐ切符売り場、プラットホームへつながっている。なぜか改札がない。特急はゆれも少なく快適。空港から市内への移動が楽だとその国に良い印象を持つ。特急電車の終着駅KLセントラル駅は近代的で明るい。しかし、隣にあるかつては中心的な駅だったと思われるKL駅は非常に古くて改装工事もされておらず暗い。また駅に併設されている、「Heritage hotel」も古い。100年の歴史を誇るホテル。外観は壁を比較的最近塗り替えたのか、きれいだが、内装は非常に古い。特にエレベータは、外側の扉を手動であける仕組み。当然インターネットはない。大きなホールも各階にあるので植民地時代には高級ホテルだったと思われるが、今は、、、
チャイナタウンは中国人以外も非常に多い。中国人は半分以下。マレー人、インド人の方が目につく。ヒンズー教の寺院のすぐ近くに中国の寺「関帝廟」がある。色々な宗教の混在はシンガポールだけではない。
翌日はPetronas Twin Towerの展望台へ登ることにしたので、まず整理券が配布される場所を確かめるための下見に行った。タワー2の地下で8:30から整理券を配布して、9:00から見学開始、とわかった。確実に整理券を手に入れるために翌日は7:30から並ぶこととした。
2つのタワーの間にある5階立てのショッピングモールにも紀伊国屋がある。日本語の書籍も扱っている。海外で紀伊国屋をみつけるとなぜかほっとする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック