アクセスカウンタ

花鳥風月 東西南北 春夏秋冬

プロフィール

ブログ名
花鳥風月 東西南北 春夏秋冬
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
甲州街道歩き 与瀬宿(相模湖駅前)から上野原宿まで 12km
甲州街道歩き 与瀬宿(相模湖駅前)から上野原宿まで 12km 与瀬(神奈川県相模原市緑区) 吉野(神奈川県相模原市緑区) 関野(神奈川県相模原市緑区) 上野原(山梨県上野原市)  前日は少し雪が降り、翌日の今朝も屋根や車の上には雪が少し残っていた。しかし道路は全く問題なし。舗装されていない土の道もあったけれど、特に濡れていることもなかった。しかし、道を間違えることが多い日だった。  与瀬一里塚付近にあるはずの貝沢橋はみつけられなかった。浅瀬だったので、橋がなくても渡れそうだったけれど、渡った後に急峻な崖の登りだったので、諦めて旧道を外れて歩いた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 09:41
大山街道歩き 赤坂御門から三軒茶屋まで 10km
大山街道歩き 赤坂御門から三軒茶屋まで 10km  日帰りで手軽に歩ける東京近郊の街道を探していた。風人社の地図も揃っていて下調べも楽な大山街道を歩くことにした。  地下鉄半蔵門線の永田町駅からすぐのところが赤坂御門。ほぼ国道246号線に沿って登り下りのある道を三軒茶屋まで歩いた。  赤坂の豊川稲荷で道中の安全を祈願した。赤い幟が境内に犇めくように建てられているところは愛知県の豊川稲荷の雰囲気に似ている。  渋谷駅近くで御嶽神社のもお参りした。ニホンオオカミの狛犬がある神社で、以前から一度参拝したいと思っていたのが、何となく先延ばしになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/26 22:58
甲州街道歩き 小仏バス停から与瀬宿(相模湖駅前)まで 10km  
甲州街道歩き 小仏バス停から与瀬宿(相模湖駅前)まで 10km    高尾駅からバスに乗り終着の小仏バス停まで行った。そこが本日のスタート地点。バス停近くの浅川神社と宝珠寺で道中の安全を祈願してから歩き始めた。  朝8:30に、すでに峠側から歩いて来る登山客がおられた。早朝から歩いているのだろう。  登山道の最初はそれほど急勾配の上り坂ではなかったが、小仏峠東坂付近から勾配がきつくなった。前回小仏バス停までの登り坂でかなり汗をかき、それが冷えたためか、バス停に着いた頃には悪寒がした。そこで今回は用心して肌着はヒートテックではなく、薄手のウールのセーターにして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/28 20:52
青梅街道歩き 塩山駅から酒折 山崎三差路まで 18km
青梅街道歩き 塩山駅から酒折 山崎三差路まで 18km  枯露柿があちらこちらの家の軒下に吊るされている。この地域の風物のようだ。帰りに塩山駅にて2個で400円で購入。中身は甘過ぎず、トロっとしていて美味しい。  塩山駅北口側には甘草屋敷。  塩山駅近くの袖切り坂は急な下り坂になっていたけれど、それ以外はほぼ平坦な道が続く。山崎三差路で甲州街道との追分が終点。  西に向かって歩くので結構日に焼けた。サングラスをしたほうがよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/25 09:29
甲州街道歩き 八王子から小仏まで 15km
甲州街道歩き 八王子から小仏まで 15km 八王子(東京都八王子市) 駒木野(東京都八王子市) 小仏(東京都八王子市)  八王子駅北口側の市守神社、大鳥神社で道中の安全を祈願してから出発。途中で街道を外れ、念仏院で時の鐘を見た。鐘は見上げるような2階の高さにある。寺自体は今はそれほど栄えていないようだけれど、鐘だけは立派に残されている。隣に小さな天満宮があり、こちらにもお参りした。  西八王子駅付近からはマンションやオフィスなどの高層ビルも少なくなり、空が開けてきた。シャッターがおりている店舗が目立った八王子駅付近よりも、むしろ華... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 22:19
甲州街道歩き 府中から八王子まで 17km
甲州街道歩き 府中から八王子まで 17km 府中(東京都府中市) 日野(東京都日野市) 八王子(東京都八王子市)  最高気温30度以上と非常に暑い日だった。  府中宿近くの高安寺に立ち寄った。山門から本堂が一直線に見渡せて、境内は整然とした配置になっている。掃除も行き届いており、美しい寺。山門には奪衣婆像、本堂前には時の鐘、境内の裏手側には弁慶硯の井戸があり、見所も揃っている。  ガスト国立店で朝食を摂る前に谷保天神に参拝した。現代アート風の牛の石像がある。鶏が境内を鳴きながら歩き回る明るい感じのする神社だ。一つ不思議だったのは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/10 21:33
甲州街道歩き 千歳烏山駅から府中まで 13km
甲州街道歩き 千歳烏山駅から府中まで 13km 千歳烏山駅(東京都世田谷区) 布田ケ宿(東京都調布市) 府中(東京都府中市)  まず仙川駅近くの金龍寺に参拝した。青銅風の閻魔像、十八羅漢像が屋外に安置され、鯉、シマリス、金魚も飼っている。幼稚園を併設しているので、園児向けでもあるのか。わかりやすくていいお寺だ。  途中から江戸時代初期の甲州街道でもある品川道を歩いた。以前にちゃらぽこ散歩会でも歩いた道だが、逆方向をたどった。旧道の雰囲気が残っており、車の交通量が多い道よりも歩きやすかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 21:32
桂歌之助独演会 日本橋社会教育会館
「煮売屋」   桂米輝 「つぼ算」   桂歌之助 「金魚の芸者」 柳亭こみち 「七段目」   桂歌之助 中入 「船弁慶」   桂歌之助  本当に久しぶりの落語会。最近落語会に足が遠のいていたのだけれど、歌之助独演会なので聴きに行く気になった。「つぼ算」、「七段目」、「船弁慶」と全てよく聞く演目だったけれど、安心して聴けた。  柳亭こみちは初めての噺家。いい声をしているし、言葉のつなぎ方がいい。  米輝は確実に上手くなっている。前回の記憶があやふやなのだけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 18:19
緒方洪庵の足跡を訪ねて山陽道を歩く 海田から五日市駅まで
緒方洪庵の足跡を訪ねて山陽道を歩く 海田から五日市駅まで 海田宿(安芸國)広島県安芸郡海田町 広島宿(安芸國)広島市中区 五日市駅    広島市佐伯区 25km  前回の終了地点海田市駅付近の海田宿から再開した。今回から相方と二人での街道歩き旅。格子戸の古い家々がところどころに並び、旧道らしいカーブが残っている道だった。広島駅の東側で線路を超えて、2つ目の橋稲荷橋を渡ると街中らしい碁盤の目の路になる。商店街を通り抜けると原爆ドーム、広島平和記念資料館の近くに出る。1時間ほど見学してから再開。太田川を渡って南西に曲がると、すぐに西広島駅。ここから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 20:34
甲州街道歩き その1 日本橋から千歳烏丸まで 22km
甲州街道歩き その1 日本橋から千歳烏丸まで 22km 甲州街道歩きのその1は日本橋から千歳烏丸までの22km 日本橋(東京都中央区) 内藤新宿(東京都新宿区) 高井戸(東京都杉並区)  初めての日本橋からの街道歩き。すでにほぼ歩いた東海道は、深川を発ち京橋から東海道を歩き始めたので、街道歩きの起点として日本橋を訪れたのは初めて。元々の甲州街道の起点であった半蔵門までは、東京駅の中を抜けて、皇居の内堀沿いに歩いた。当時は武家屋敷が立ち並んでいたはずの場所。あまり町人がうろつく場所ではなかったのではないか。  半蔵門前で西に直角に向きを変え、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 20:47
「第三十八回鎌倉はなし会 桂米團治独演会」逗子文化プラザなぎさホール
「みかん屋」  桂慶治朗 「稽古屋」   桂米團治 「壺算」    桂歌之助 「京の茶漬」  桂米團治  中入 「たちぎれ線香」桂米團治  今日のお目当は歌之助。前々から話のテンポが気に入っている。少し大阪のベタベタ風の話し方でいて、サラッとしたところもあり、波長が合う。「壺算」を軽妙に、それほどどぎつくなく仕立てているのが良かった。アホ役の吉公を少し間が抜けている程度に演じて、兄貴分の徳さんを少し悪賢い程度に演じている。  また関東にも来て欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 12:02
暗越奈良街道、熊野街道  奈良興福寺五重塔から大阪四天王寺五重塔まで
暗越奈良街道、熊野街道  奈良興福寺五重塔から大阪四天王寺五重塔まで 39km、8時間30分(昼食休憩除く)  平城京の五重塔から難波京の五重塔まで、奈良暗峠越街道と熊野街道を歩いた。  夜行バスで早朝JR奈良駅に到着して、まだ薄暗い中すぐに出発地点の興福寺五重塔前まで歩いた。五重塔を拝んで、道中の安全を祈願してから出発。  奈良は三条通りをずっと西へ峠まで歩く。平城京の風情が残る碁盤の目の通りを歩き、JRを越えたあたりからは大半が自動車が行き交う大きな通りになっている。街道が今も重要な道であり続けている証拠だろう。奈良で昔の都の趣が残るのは、京都でいうと東... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 14:29
桂米團治独演会 銀座ブロッサム
「阿弥陀池」   桂團治郎 「正月丁稚」   桂米團治 「手水廻し」   桂雀五郎 「帯久」     桂米團治 仲入り 「不動坊」    桂米團治  雀五郎は初めて観た。上手いことは上手いけれど、芸風が暗い。先日観た桂そうばの手水廻しの方が明るくてよかった。  最後に米團治から挨拶があり、一本締めと米朝締めで終わりにした。米朝締めは今回初めて知った。左右の手の人指し指一本同士を合わせるところから始まって、人差し指と中指の二本、薬指を加えて指三本、小指を加えて指四本、と少しずつ指の数... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 23:38
柳家三三・桂吉弥ふたり会 紀伊国屋サザンシアター
「手水廻し」  桂そうば 「質屋芝居」  桂吉弥 「二番煎じ」  柳家三三  中入り 「元犬」    柳家三三 「一文笛」   桂吉弥  そうばは前日に三遊亭萬橘とのふたり会があったので前日からの東京入り。意外に「手水廻し」は良かった。身体を動かすネタだけれど、動きが柔らかくて、声と合っていた。  三三師匠は相変わらず飄々として、上方落語では聴けない、枕とネタへの入り方。ちなみに午前中にも池袋で高座に上がったらしい。話すこと自体が、楽しいのだろう。  吉弥の本日の枕はクドくなくて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 19:28
近鉄特急 近鉄奈良駅にて
近鉄特急 近鉄奈良駅にて 4両編成で中間2両は2階建VISTAカー。新しい塗装になって明るい感じがした。シートも赤になっていい色になっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 12:48
京都東寺から奈良興福寺まで竹田街道、奈良街道を歩く
 平安京の東寺五重塔から、平城京の興福寺五重塔まで竹田街道、奈良街道を歩いた。距離は43km、所要時間は休憩を含めて10時間。当初は平安京の東の寺東寺から、平城京の東の寺東大寺へ歩くつもりでいたが、五重塔を拝む方がありがたみがある気がしたので、終点を少し先に延ばして興福寺とした。  朝5:30にJR京都駅を出発して竹田街道を南へ九条まで下り、一旦、九条通り沿いに西へ東寺まで歩いた。南大門から境内に入り、五重塔のすぐそばにある八嶋神社を拝んで、道中の安全を祈願した。まだ日出前なので五重塔はうっす... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 12:42
桂米朝一門会 国立演芸場
「ちはやふる」 桂米輝 「悋気の独楽」 桂歌之助 「子は鎹」   桂ざこば  中入 「お玉牛」   桂吉弥 「はてなの茶碗」桂米團治  歌之助の噺を2年ぶりに聞くことができてよかった。今回の一番お楽しみ。普通はあまり好きではないベタベタな話し方だけれど、歌之助だけはなぜかホッとして、波長があう。  米輝はどんどん上手くなっている。枕は米團治よりも面白い。  ざこばは前回の米朝一門会以来の生で聴いた噺。枕から噺に入る流れはさすがである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 09:04
桂吉弥独演会 国立演芸場
「つる」   桂弥っこ 「蛸芝居」  桂吉弥 「ふぐ鍋」  桂吉の丞 「蛇含草」  桂吉弥  中入り 「質屋蔵」  桂吉弥  吉の丞は初めて聴いた、はず。声が通って、滑舌も良く、滑らかに繋がる話し方をする。まくらもなかなか良くて、聞きやすい落語。  吉弥は本日はすべて古典落語。質屋蔵が一番良かった。鳴り物もいい塩梅で、スウィングしていた。  次回1月の三三吉弥ふたり会、4月の独演会、それぞれの前売り券が特別に先行販売していたが、あまりにも行列が長かったので、断念。後ろの席で構わな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 19:40
北海道新幹線H5
北海道新幹線H5 新函館北斗駅にて、紫のラインH5に乗車できました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 19:21
桂ちょうば一人会 お江戸両国亭
「阿弥陀池」   桂二乗 「地獄八景亡者戯」桂ちょうば  中入 「肝つぶし」   桂ちょうば  桂二乗は米二の弟子。声の質、言葉の聞き取りやすさ、メリハリのある話し方は好きな感じだけれど、何か今ひとつ面白さが足りない。「素人浄瑠璃」ならば、うまくはまるのではないか。  ちょうばの「地獄八景亡者戯」は初めて聞いた。芸歴15年目でこのネタに取り組むのは早いのか遅いのか、分からないが、結構面白かった。仕立ても米朝、枝雀と少し変えていて、聞き飽きなかった。ただし、なぜか枕を含めて1時間半と非常... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/06 21:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

花鳥風月 東西南北 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる