テーマ:世界一周

5月5日(月)トルコ イスタンブール

帰国の日。出発までのわずかな時間に行きそびれていた地下宮殿へ行った。本当の宮殿ではなく元貯水池。天井を支える柱は鉄骨で補強されているがほとんどがきれいな状態で残っている。今も水がたまっている。なぜかレストラン、ステージまである。 地下宮殿 地下宮殿のステージ。奥側にレストランがある。 以上でイスタンブールの観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月4日(日)トルコ イズニック、イスタンブール

朝早く目が覚めたのでもう一度散策。ひっそりとしている田舎町がさらにひっそりとしてる。パン屋だけは朝早くから開いているようだ。 イスタンブール門。車が通ることができる道路はこの門の横。 バスでヤロワへ向かった。ヤロワの港では桟橋のすぐ近くにイルカが現れた。定住しているのだろうか。大都市イスタンブールから船で1時間の距離にイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月3日(土)トルコ イスタンブール、イズニック

ローマ帝国時代の城壁が残っているイズニックへ行った。イスタンブールからマルマラ海を渡ってヤロワまで高速フェリーで約1時間、ヤロワからイズニックへはマイクロバスで約1時間。ボスポラス海峡とダーダネルス海峡とで囲まれたマルマラ海を船で渡ってみたかったので、フェリーに乗れることもイズニックへ行った理由の一つ。 イズニックは1km四方ほどの城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月2日(金)トルコ チャナッカレ、トロイ、イスタンブール

かの有名なトロイ遺跡へ行った。トロイ遺跡まではチャナッカレから車で30分ほど。少し高いが時間節約のためタクシーを使った。トロイは砦が壊されるたびに何度もその上に砦が築かれており、それぞれの城壁のあとが残っている。発掘されているのが何番目に建設された城壁かが考古学上は重要なようだ。城壁跡ごとに何番目の都市のどの部分の城壁であるかが説明され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月1日(木)トルコ チャナッカレ、イスタンブール

トロイ遺跡を見るためにその近くのチャナッカレにむかった。イスタンブールからバスで6時間ヨーロッパ側を走ってダーダネルス海峡をエチェアバトからフェリーで渡る。エチェアバトまではのどかな田園風景が続く。イスタンブールを離れると馬車が農機具を運ぶ姿や羊飼いの姿もちらほらみられる。ベトナムのような水田風景とは異なるが少しほっとする光景。エチェア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月30日(水)トルコ イスタンブール

本日は旧市街の重要観光ポイントのための日。スルタンアフメットジャーミー(ブルーモスク)、アヤソフィア博物館、トプカプ宮殿を観て回った。スルタンアフメットジャーミーはミナーレ(尖塔)が6本もある美しい寺院。現役の寺院だが観光客にも公開している。アヤソフィアはかつてギリシャ正教の総本山だったのをオスマントルコがコンスタンチノープル(現イスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月29日(火)トルコ イスタンブール

本日はボスポラス海峡のクルーズ。旧市街と新市街との間にかかるガラタ橋付近の旧市街側にある船着場から出航。海峡をヨーロッパ側、アジア側、ジグザグに寄港しながら黒海の入り口近くまでの船旅。かなりの人気で200人くらいは乗船していた。終着の港アナドル・カヴァウでいったん下船して小高い山の上にある砦の跡まで歩いて登った。これはお決まりのコース。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月28日(月)トルコ イスタンブール

デリーを夜中の2:00まえに出発して早朝5:30にオーストリアのウィーンに到着。1時間ほどまってからイスタンブール行きに乗り換える。ウィーンの空港は到着ゲートのすぐ隣に乗り換えの搭乗ゲートがあったので非常に楽。待ち時間に喫茶店でコーヒーを飲む。まだインドでやられたおなかの調子が完全には回復していないので、コーヒーはきついのだが、ウィーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月20日(日)バングラデシュ ダッカ

2008年5月10日修正 削除線、黄色のマーカー 参照「旅行人ウルトラガイド バングラデシュ改訂版 (旅行人編集部編)」 日曜日だがバングラデシュでは出勤日。朝から市内観光に出かけた。英語通訳のMr.Mintuとドライバーの3人。最初は川にある船上マーケット。日本では小さな島への連絡に使うフェリーのような大きさの船の上でスイカが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more