「闇の狩人」池波正太郎

 最近スカーパーのTV-CMでこの作品があることを初めて知った。「鬼平」、「剣客」、「梅安」の面白さが盛り込まれた作品、とのふれこみで興味を持った。三作品のうち「梅安」以外は殆ど読んでいないけれど、TVでは何度も観ているので、それらと多少比べながら読んだ。
 構成はしっかりしていて、無理が無いストーリー展開だと思う。記憶をなくした武士弥太郎と盗賊弥平次が主人公で、その他に香具師、仕掛人、武家、など池波作品でよく現れる登場人物は皆重要な役割で描かれている。仕掛人が登場する点では「梅安」に近い。しかし頭領が死に内紛を繰り返しながら、仕方なく跡を束ねる役目を負わされれていく盗賊の弥平次、元締めが死に図らずも跡を継ぐ香具師の五名の清右衛門、などの姿は「鬼平」、「剣客」で現れる展開に近い。
 最初から最後までダレが無くスッキリと読める。
 江戸時代の地図を片手に読むと、地理が頭に入って尚一層楽しめる。
闇の狩人〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
池波 正太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇の狩人〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



闇の狩人 (下巻) (新潮文庫)
新潮社
池波 正太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇の狩人 (下巻) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック