東京の崖線を歩く 神田川沿い

 「東京人 2012年10月号 特集山の手100名山」(都市出版)をたまたま書店で見つけて、すぐに買った。そのなかで明治の元勲、宮家、華族、実業家の邸宅が崖線沿いにあった、と書かれていたので、散歩がてらに観に行くとこにした。
 今回は神田川の北側の崖線に沿って歩いた。徳川義恕邸(新宿区中落合)、近衛邸(新宿区下落合)、細川邸(文京区目白台)、山県有朋邸(文京区関口)。徳川義恕邸は少し外れるが、他は神田川に沿った北側の急斜面を登ったところにある。
 これらの中で近衛邸は2万坪の敷地と最も広く、目白クラブ、おとめ山公園を含んでいる。目白クラブから50mほど北側の場所にケヤキの大木が道の真ん中にある。この木は近衛邸の車廻しにあったとされている。敷地の広さを一番実感した痕跡だ。
画像

東京人 2012年 10月号 [雑誌]
都市出版
2012-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京人 2012年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック