「黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 」(浜野 卓也)

 先日黒田家江戸屋敷跡を観てきたので、黒田家の礎を築いた黒田官兵衛関連の本を読みたくなった。およその経歴は信長、秀吉の伝記などで知っているつもりだが、秀吉に仕える前、秀吉の死後、を知りたくて手に取った。
 秀吉に出会う前、播磨で小寺家に仕えている頃は、あまりぱっとしない感じで、信長に仕える前の秀吉のようなものであろうか。秀吉が関白になった頃からは、清正、正則、三成のように秀吉べったりではなく、少し距離を置いて接するように描かれている。秀吉の死後、次は家康の時代であると視て、関ヶ原で東軍につくくだりも、裏切るような感じがしないところがよい。これが冷静に時勢をみて行動する軍師と言われるゆえんか。
 あまり人物描写をくどくど描かいていないのがよい。どこまで史実かわからないが、やはり飄々とした感じが好きだ。
 吉川英治版も読んでみることにする。
黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫)
PHP研究所
浜野 卓也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)
講談社
吉川 英治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック