「落語を聴かなくても人生は生きられる」(松本尚久編)

落語に関するエッセー、論評など雑多に集めた本。初めて読んだ落語関連の本。落語は観る、聴く、だけにしてきた。文章で論評や解説を読むと理詰めで理解しようとしてしまう気がしていたので、意図的に避けてきた。しかし、ネットでこの本を見つけてちょっと読んでみる気になった。
 「上方落語・桂枝雀」(森卓也) の章は枝雀さんの小米時代からの話しもあり、初めて知ることも多く興味深かった。枝雀さんが、元々は東京落語の方が好きだった、激情型の性格、など「へ~」と思わず言いたくなった。小米時代は後のオーバアクションな芸風ではなく、「上手いけど、暗い」と評されていたことは知っていたし、ざこばが時々語っていた枝雀さんの思い出ばなしで、意外に怒りっぽい人なのか、とは思っていたけれど、はっきり書かれていると新鮮なこととして読めた。
 まだ全部は読んでいない。残りはぼちぼちと読むことにする。







枝雀落語大全第二期(ビデオ)
コロムビアファミリークラブ
ビデオテープ10巻組収録曲一覧 枝雀落語大全第二期(ビデオ) 収録内容一覧第十一集●饅頭こわい昭和6

楽天市場 by 枝雀落語大全第二期(ビデオ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック