4月21(月)バングラデシュ ダッカ、インド バンガロール

朝食前にホテル周辺を散歩。7時すぎなのでまだ通勤ラッシュは始まっていない。車もまばら。15分ほど歩いて7:30になると車も増えリキシャ、オートリキシャも増えラッシュが始まる。マネージャーのカーンさんもMr.Mintuも、朝に急用が入ったため、なかなか会えない。昨日の観光ツアーで聞き忘れたことを確認しようと思っていたのだが時間がないので取りやめ。支払いはUSD、BDT混ぜこぜで払う。ツアーがちょっと高かったけれど客が1人しかいないのと、シングルのエアコン付の部屋にドーミトリーの料金で泊めてもらったので、こんなものかとあきらめる。空港まではリキシャをひろってもらった。10BDTの予定だが、リキシャでは出発ターミナルまでいけないようだ。ターミナルビルからかなり離れた入り口までしか本当は入れなかったらしい。軍人が警備しているゲートで空港の近くまで行ってくれと、身振り手振りで説明。軍人も外国人をのせている場合には認めているようですぐにOKしてくれた。ただしそれでも普通の空港ならタクシーやバスで乗り付ける出発口までは入れないもよう。しかたなくのこり200mほどは徒歩。またゲートの中まで入ってもらったので10BDTよけいに払った。オートリキシャの方がよかったか。オートリキシャなら出発口前まで乗り入れることができた。チェックインカウンターでは出発の2時間近く前なのにすでに長蛇の列。外国との共同軍事演習があり、その帰国と重なったようだ。モンゴル陸軍の兵士に日本語で話しかけられる。防衛大学校に留学していたことがあり日本語がペラペラ。久しぶりに日本語を話すことができてうれしい、とのこと。8月には大相撲のモンゴル遠征があり、期待している、とのこと。
往路は搭乗率30%だったのが復路は90%以上。家族連れもいる。
タイでの乗り継ぎは、時間が変更になったようで19:35出発の予定が21:10になっていた。バンガロールへは深夜に到着する。初めての土地で少し不安。
バングラデシュではバイクをほとんど見かけなかった。持っている人でも生活の足というよりも贅沢品として持っているようだ。自分の足としてはむしろ車か徒歩。自転車もリキシャ以外はほとんど見かけない。徒歩の層がもう少し豊かになればベトナムのようにバイクが増えるのだろう。

前日に行ったホームセンターのようなところ。結構明るくきれい。日本にあるホームセンターとそう変わらない雰囲気
画像


通勤ラッシュが始まる前の光景
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック